思いつくままに更新、ジョジョラブ日記進行中。
ほぼ月刊ジョジョ日記「すべてがJになる」
月刊ジョジョ日記「すべてがJになる

■□■おしらせ■□■
あなたは人目のお客様です。

ジョジョ五部本『ケーブルカー男』通信販売実施中。(0816)


■2004年02月02日(月)  #3「サンディエゴビーチ 1890年9月23日スタート2日前 その3」

尾篭ですみません……


今回はジョニー・ジョースターの過去が回想されていましたが、どうやら彼は歴代のジョジョのなかでもかなり、なんというか、単細胞というか、愚かというか、なんと形容したらいいんでしょうね。とりあえずこれまでのところ、『黄金の精神』とはほど遠いとこにいるキャラのようですね。しかし、前回のモノローグにあったように、彼がこれから成長していくのならば、これくらいの生い立ちはなかなかバックグラウンドとして面白いんではないでしょうか。今後が楽しみです!あと、ジョーキッドというのはあだなかなにかでしょうかね。カッコイイ二つ名だなぁ。

また、ジャイロ(なんだかまだこの名前になれないんですが…あまり作中で呼ばれないからか)の能力は、ジョニーの手をひねっていたことから考えると、鉄球をあやつるというよりは、鉄球に『回転』を与える能力のようですね。ピッチャーやったら強そう。波紋やスタンドに関係あるのでしょうか…?こちらも気になるところです。

追記、集英社のSBR特設ページが開設されていて、カッコイイフラッシュなどが置かれていますが、同社ジョジョページと同じポエ山さんのお仕事なのでしょうか?雰囲気がいっしょでうれしい。で、このフラッシュムービーを見てると、やっぱりジャイロは金歯のようです…やはりカラーだとちょっとエグイなぁ。
あと関係ないけど、音楽やビープ音がなんとなく「クーロンズゲート」というゲームを思い出します。
一行コメントッ!(お気軽にご参加ください)
  • 蚊(2004/02/03 19:48)
    ( ̄口 ̄;ジョーキッドってあだ名なんですか!?アレだと思いました・・・ジョーキッドの愛称で「ジョニー」だと思ってたんですが、よく読むとちがうっぽいですね。あとジョニーと一緒にいた女の子(?)ブチャラティに似てる(笑)青マルジャンプってのにはABR特集やるそうですね。
  • ゆずり(2004/02/03 20:23)
    ジョーキッドは、「○○ジュニア」みたいなものかとも一瞬思いました。きっと、幼い頃から有名だったからキッドってあだ名に入ってるんかなと思います≫蚊さん。青マルジャンプも要チェックですね!しかし、青マルってどういう意味なんだろう…(笑。
  • やくも(2004/02/04 00:26)
    青田買いの「青」?ところでぼくもジョーキッドの相性がジョニーだと思ってました。ジョニーはありふれていてちょっと残念。
  • 点灯虫(2004/02/04 19:08)
    荒木氏の描くちょい役「ビッチ系」(byスポーツ・マックス)女の子がちょっと好きなので、今回も一人でうけてましたけど。でも「あなたならどうする?」とかいわれてもね(笑)ジャイロはますます主人公っぽくない感じですね。
  • ゆずり(2004/02/04 20:51)
    じゃ…じゃあ、赤マルジャンプはッ!?(笑≫やくもさん。ジョニーはたしかに予想の範囲内の名前でしたね。これから作中でなんと呼ばれるのか気になってます。
  • ゆずり(2004/02/04 20:54)
    言われてみれば、確かにビッチ系キャラの系譜はありますね〜。わたしは「ヤッベ!!」の二人組みが好きです≫点灯虫さん。ジャイロも今後に期待!!ですね。
  • 点灯虫(2004/02/05 09:07)
    わ…わたしも二人組を念頭においてました(笑)可笑しいやら嬉しいやら。
  • ゆずり(2004/02/05 22:46)
    やはり「ヤッベ」ですよね!!(笑≫点灯虫さん。これだけで通じちゃうんだから、たった数コマだけなのにキャラたちまくりだよなぁと再認識です。

■2004年02月09日(月)  #4「サンディエゴビーチ 1890年9月25日スタート」

ベタですが。

『オタク(おたく)』
各種産業の発展した近代は、さまざまな種類のマニア・変人が生
まれた時代でもあったが、19世紀・新大陸アメリカのある男性は、
非常に博識ではあったものの、漫画や人形など本来は子どもの
玩具であるものに興味を示す、語尾に「にょ」を附すなどといった
特徴から、人々に奇異の目で見られていた。彼は他者と会話する
際に「おたく」という二人称を好んで使ったため、それにちなみ漫
画や後のアニメーションに熱狂するマニアのことをとくに「オタク」
と呼ぶようになっていった。〔民明書房刊「変人偏屈列伝」より 〕


「おたく」という二人称もアレですが、「ニョホホ」が「ニョ〜」に変化して
いたことにも危機感を覚えました(笑。ヌイグルミは何に使うんだろう?



今週のジョニーは、先週までのヘタレ(というかウ○コたれ?)っぷりをはやくも一掃するかのように、その根性を我々に見せてくれました。ジャイロのアドバイスを得て回転しながら乗馬した後の、ラスト一コマのジョニーの表情は、まさに『黄金の精神』の萌芽を期待させる、とてもカッコイイものでした。もうジョニーじゃなくて、ジョーキッドですね(意味不明ですが。ともあれ、今後の旅の中での成長が、ますます期待されます。

ところで、次週はSBRは一挙二話掲載ッ!ということで、つまり、あれですが、62ページッ!ってことですか。いやーなんというか、やはり荒木飛呂彦は石仮面をかぶってしまっていたのか…というかんじですね。冗談はさておき、この件でやはり、SBRは既にッ!相当話数が書き溜められているんではないかとの推測が信憑性を持ってきましたが、さて。

模写と呼べるほどのものではありませんが、毎回こうしてパロ漫画を描くという目的で読んでいると特に感じるのは、SBRの絵の緻密さ・丁寧さは、他作家の週刊漫画や、以前のジョジョシリーズと比較すると、やはりただ事ではないほどのクオリティだということです。このページ数、この質の高さはやはりどう考えても週刊漫画のそれとは思えないので、大分書き溜められているのだろうとしか思えません。そのほかにも、ページ数に余裕があるためでしょうか、コマのサイズが大きい事と、以前のような独特の形のコマの不使用によって、とても画面が見やすくなっていることにも気づかされます。個人的にはあの独特のコマ割が好きだったので、これはちょっと淋しい気もしますが、ともあれいろいろな面で、SBRが今までとは違うベクトルを目差しているということは確かだと思います。いやなにしろ、このクオリティはほんと…スゴイとしか言いようがないです。
一行コメントッ!(お気軽にご参加ください)
  • week(2004/02/09 20:35)
    あの漫画本はどうなんでしょうか。そのうちタイトルとか出て来るかな。はさみよりヌイグルミを取った一コマが今週のSBRでのお気に入り。ところで上の「おたく」ですけど、アメリカに住んでた"彼"って日本語喋ったんですか(と言うか日本人?)
  • ゆずり(2004/02/09 21:45)
    うーん、…どうなんでしょう(笑。そういえば日本語で「おたく」にあたる二人称はないですよね…英語には。それに、冷静に考えると、あの頃には漫画もまだないはずですよね。その辺りも、パラレルワールドということで(笑≫weekさん。
  • やくも(2004/02/11 09:34)
    それを言い始めたら、1890年の1200ドルなんて一般人にとっては天文学的数字ですよ。貨幣価値を現代のママ話してますものね。少年誌の限界でしょうけど。
  • ゆずり(2004/02/11 17:45)
    確かにそうですね…≫やくもさん。まぁリアリティを追求していく必要もないでしょうし、漫画好きなジャイロって設定はオモシロイと思います。…はっ、漫画好きな人は他にもいましたね。そういえば。
  • でひっ(2004/02/14 14:29)
    SBRグレート。キャラが2部ジョセフっぽいあたり良い。立ち上がる=スタンド∵先読みしたり予想するの
  • ゆずり(2004/02/14 17:21)
    立ち上がる=スタンドはナイスですね!!(笑≫でひっさん。掛詞っぽくて、なんだか妙に納得。しかし、あの回転能力についてもっといろいろ知りたいですね。
  • スピット(2004/02/15 19:49)
    はじめましてッ!ジョニーは実はジョジョとグェスを足して2で割ったものという説があるんですが、それは本当ですかッ!?
  • ゆずり(2004/02/15 22:34)
    こんばんはッ!≫スピットさん。その新説は、個人的にメチャメチャ納得です(笑…だれかに似てると思っていたんですよ〜、グェスかぁ、なるほど!

■2004年02月16日(月)  #5「15,000メートル 丘陵地帯 午前10時」&#6「15,000メートル 涸れた川 午前10時5分」

今回もベタですが。
<#6より・#5はこちら




あまりにベタなネタで恐縮ですが、このあともう二度とディオが出なかった場合、ディオ絵を描かなかった事を悔やみそうなので、ここでいっとけ、と思いました。

今回も作画も設定も凝ってて、このクオリティで二話同時掲載ッ!…なんて豪華なんだッ!なんか悪いことでも起こるんでは…と不安になってしまいます(笑。それはさておき、分量の多さに加えて、馬の乗り方一つでも、ジョーキッドのそれは健常者と違うし、ディオも足を閉じて短距離走の走り(推測)っぽくなってるところとかスゴク細かくて、とっても読み応えがあるなぁと思いました。

あと、アブドゥル、ディオが今回は結構出ていましたが、アブドゥルは『リタイア』とうことは、もう出てこないのでしょうか。あっというまだったなあ…。ディオの方は、キャラがいい感じですね。これまでのところ、特にゲロ以下の臭いがプンプンするよーな『悪』でもなく、別段良い人でもなさそうだし(個人的には聖人君子で『紳士』なディオってのを期待していたんですが)、ごく普通の一流ジョッキーというだけなんですが、むしろそれが面白いわけです。だってディオだから。ジャイロに対して「君」とか言ってますし。冒頭に不吉なことを書いてしまいましたが、まだまだこれから出てきて欲しい!

さて、ジャイロの鉄球が今回二話ともキーポイントになっていましたが、大分いろいろわかってきたように思います。どうやら『回転』と、それによる『振動』がポイントのようですね。その『振動』をソナーのようにつかってみたり、生物であれば回転そのものにまきこんだり、また振動をつかって気功かなにかのように身体を健康(?)にしたり、って感じでしょうか。あと、ジャイロのところに戻ってくるフシギな動きなども必見ですね。以降は、これらのフシギパワーが、ジャイロ本人の能力なのか、それとも鉄球そのものにヒミツがあるのか(その場合、もしや『ケープヨークのクレーター』で採取した鉱物で出来ているのかも?)気になるところです!
一行コメントッ!(お気軽にご参加ください)
  • でひ(2004/02/16 01:48)
    個人的には双眼鏡で見てる人が面白い。
  • ゆずり(2004/02/16 12:34)
    シブイねェ…まったくでひっさんシブイぜ!端キャラの顔も凝ってますよね。あと、スティール氏がジョーキッドを見たような見てないような描写も気になっています!
  • スピット(2004/02/18 21:05)
    今週のジャイロは2部ジョセフの雰囲気が漂っていましたね。(ディオいないけど
  • ゆずり(2004/02/19 21:54)
    うーん、ジョセフぽいというのは、知略とか、人柄とかでしょうか?≫スピットさん。あ、書いてるうちにそんな気もしてきました(笑
  • スピット(2004/02/19 22:02)
    ーアブドゥルはー 2度とレースへは戻れなかった・・・。ラクダとサボテンの間に挟まれたままリタイアしてしまったのだ。そして起きようと思っても起きれないので        そのうちアブドゥルは、考えるのをやめた。
  • スピット(2004/02/19 22:06)
    ↑次回はこのネタでお願いしますッ!  ジョセフぽいというのは「もしかしてクセか?オレの馬に走るときのクセがあるっつーのか?ウソだろ?」などと敵との会話の口調からです!
  • コンヌラ・トンヌラ(2004/02/20 16:29)
    チュミチュミ。チュミミーン。
  • ゆずり(2004/02/20 17:22)
    おおっ、いいネタありがとうございます!≫スピットさん。早速使わせてもらいます!ところでジャイロのそのセリフ、動揺してるのか落ち着いてるのかの微妙さがスキです。
  • ゆずり(2004/02/20 17:24)
    新手のスタンド使いさんですかッ!?≫コンヌラ・トンヌラさん。
  • スピット(2004/02/21 06:32)
    動揺してそうで全然ひるんでない、むしろ雑談のようなものをしながら頭の中では次のことを考えてるところにしびれるあこがれるゥ!
  • ゆずり(2004/02/21 17:09)
    全く同感です!≫スピットさん。より二枚目よりのジョセフって感じですね、ジャイロ。
  • でひ(2004/02/21 23:31)
    パラレルwとは言えジョセフ似でも個性あるンは、荒木先生の緻密な計算が伺えるでひっ!砂男は乗り物に乗るってレースの主旨からズレテルけど・・・
  • ゆずり(2004/02/22 12:37)
    そういえば…確かに徒歩はアリなのでしょうかねぇ≫でひさん。でも今まで気づきませんでした(笑。
  • でひ(2004/02/22 15:53)
    人間讃歌だから何でも有りでひ!JOJOと繋り石仮面と弓矢とスタンド:完結してほしー
  • ゆずり(2004/02/22 17:17)
    そうですね、車でも馬でも人力でも、って感じでしょうか(車はもう出てこないのでしょうか…実は結構期待していたのですが…

■2004年02月23日(月)  #7「15,000メートル 登り坂 午前10時8分」
まず前回の#5より。

―ウルムド・アブドゥルは―
2度とレースへは戻れなかった…。
サボテンとラクダと人間の中間の生命体となり
永遠にコース上をさまようのだ。
そしてどう考えてもやっぱりモハメドではなかったので
―そのうちアブドゥルは考えるのをやめた。

スピットさんにご提供いただいたネタです。ありがとうございました!アブドゥルももう出てこないかもしれないし、描いておかなければね。最後2行意味不明ですが、それはわたしのせいです。不条理オチということで。
どーでもいいんですが、以前回族自治区に行った時にラクダに乗りました。ラクダは足の構造がかわっていて、かわいらしくお座りが出来るので、しゃがんでもらってコブに乗せてもらうのです。立ち上がるとかなりデカいので、馬上よりもさらに高かったです。勿論それでレースに出場したわけではなくて、何頭もヒモでつないでゆるゆる歩いただけなので、どーもあれが走っているところは想像できないです。走ったら…すごいんだろうなぁ。そしてその後、ラクダを食べました(その日程もどーかと思いますが。気のせいなのかもしれませんが、ラクダ臭い肉でした…。

そして、ポコロコッ!

木に突っ込んでアブドゥル化…
ということはないでしょうけど。


ポコロコが燃えます!なんだかくちびるの厚みが回を追うごとに増している気がします(笑!でもなんだかそのほうが画的にポコロコには合っていると思います。
それはともかく、逆ひよどり越え(源義経の)のよーな崖突破はカッコイイですね。そしてジョーキッドをからかうキャラはいい味出してますね。そして妙な幸運っぷりも注目ですね。眼を閉じて雑木林につっこんだ後はどうなるのか?きっとうまく切り抜けるのでしょうが、これまでの経緯からして、単純にラッキーなだけで素通りするのではなく、また一味加わった林突破が見られるのではないかと期待です!

また、SBR以外でも、ジャンプリミックスで一部刊行集英社文庫で四部刊行開始など、いろいろ賑やかになってまいりました。リミックス書き下ろし表紙の凶悪なディオを見ていて思ったのですが、単に絵柄がかわったってだけでなく、やはり一部・三部のラスボスディオと、六部・SBR(ディエゴだけど)のディオで、描きわけがなされているようですね(一部初期はまた違うけど)。後者のフツーにカッコイイディオも好きですが、前者のURRYYY!なディオも好きです。

ところで副題見て、まだレース開始から8分しか経っていないことにビックリしました。まだまだこれからッ!
一行コメントッ!(お気軽にご参加ください)
  • やくも(2004/02/23 00:54)
    来週には5000キロぐらい走破してたりして…。
  • スピット(2004/02/23 09:46)
    アヴドゥルネタ見せていただきました。面白いッ!(笑)ありがとうございました〜。 再登場いないかもしれないけど、また3部のときのように「チッチッチッ!ありゃ俺の変装だ」「YES! I AM」とか言って何気なく復帰してくる可能性もあるッ!
  • ゆずり(2004/02/23 12:37)
    5000キロ進むと第一ポイント目前ですね≫やくもさん。ありえなくはないかも…でもやはり雑木林で一回使いそうかな?
  • ゆずり(2004/02/23 12:39)
    こちらこそネタどうもです!≫スピットさん。ラクダは無事そうなので、是非レース後半で再登場してほしいものです。
  • スピット(2004/02/23 12:55)
    ところで今週号のSBRの冒頭の車の二人のうち一人はスピードワゴンに似ていると考えられないこともないのではないでしょうかッ!?まゆげと目あたりが。…ちょっと無理矢理かな?
  • ゆずり(2004/02/24 19:07)
    えぇ〜そんなキャラいましたっけ!?…と思って確認したら、あの下がり眉キャラのことですね。おもわず納得してしまいました(笑≫スピットさん。
  • でひ(2004/02/24 20:53)
    ポコロコってキンニクマンみたいな顔で性格だから無駄のない突破口見つけるもんだ
  • ゆずり(2004/02/25 19:54)
    なにか見覚えがあると思ったら、あのクチビルはキン肉マンですか(笑≫でひさん。次回が楽しみですね〜
  • スピット(2004/02/26 23:49)
    青マルジャンプ読んできました。インタビュー記事とSBR特別読みきりは面白かったけど、そのために480円というのは正直つらい…。他の漫画はつまらなかったし。
  • ゆずり(2004/02/27 23:20)
    青マルジャンプ、インタビューなどなどは、かゆいところに手が届くような内容で、面白かったですね≫スピットさん。購入代金は、オリジナルグッズとやらのためだ…と思ったんですが、抽選だったんですね…(涙

過去ログ 2003年05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2004年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2005年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 
2006年01月 03月 04月 06月 08月 09月 10月 
2007年01月 

コンテンツ

「絵日記過去ログ」ッ!

タイトル一覧キーワード検索


「ジョジョ×文学研究」ッ!

JOJOの奇妙な文学研究


「ジョジョ二次創作」即ち「裏サイト」ッ!
石沢茉莉さんと共同運営中ッ!【女性向】





Q.このサイトの概要を説明してください。

この週刊ジョジョ日記『すべてがJになる』は
2003年5月6日http://jojo.s31.xrea.com/でスタートし
目標を『ジョジョの奇妙な冒険』とする
人類史上初ではない、ジョジョパロとかジョジョ感想サイトである。
サイト名称は森博嗣『すべてがFになる THE PERFECT INSIDER』によっている。

総距離不明。
ジョジョを読み、毎月一回更新を目安として思いつくままに更新される。

レスによる参加は、荒木マンガファンなら
国籍・人種・性別・プロ・アマチュアは問わない。
参加料が必要で、必ず『ジョジョ』本編を読むことである。

Q.管理人の素性をきかせて下さい。

  • 名前:月汐クロエ(つきしおくろえ、旧HNは葛城ゆずり)
  • 漫画家・荒木飛呂彦のスタンド『ジョジョの奇妙な冒険』が所持する『矢』に貫かれたことによりスタンド能力が目ざめる。
  • スタンド:『すべてがJになる(THE PERFECT JOJOADMIRER)』
  • 好きなキャラ:ここしばらくはジョルノにメロメロ。
  • ルックスもイケメンだ。

ジョジョ以外の守備範囲についてはマヨイガをご覧下さい。メールはchloexアットmail.goo.ne.jpまで。

Q.素材などでお世話になったサイトの名前を聞かせてください。

当サイトのモノクロ漫画データの製作にあたっては、
安井源七さんのフォント「G7新摂津築地」
i2fさんのフォント「JOJOMIX」
写真屋の手先さんの技術もろもろとフリースクリーントーン
にお世話になっている。ありがとうございます。

Q.リンクフリーですか。

答えはYES!
事後にでもご一報頂ければうれしい。
バナーはこちら。
<a href="http://jojo.s31.xrea.com/" target="_blank"><img src="http://www008.upp.so-net.ne.jp/marsiteia/img/perfectj.gif" border="0" ALT="月刊ジョジョ日記「すべてがJになる"></a>

<おすすめリンク>
ジョジョニュースならば@JOJOさん
ジョジョ世界追求ならば ジョジョの奇妙なサーチエンジンさん



月刊ジョジョ日記「すべてがJになる」
IE4、NN6、OPERA7、FF1以上推奨。
すべてのデータの無断転載を禁じます。
月汐 クロエ Chloe Tsukishio

CGI Script:nicky!